よくわかる!Web会議システム


ホーム > Web会議のシステムについて > Web会議のシステムはクラウドとオンプレミスのどちらが良いか

Web会議のシステムはクラウドとオンプレミスのどちらが良いか

 Web会議のシステムを導入するなら、選択肢は2つあります。
オンプレミスとクラウドです。
前者のオンプレミスは、自社専用システムとも言えます。
企業によっては、独自のシステムを採用しているケースがあります。
他社ではほとんど見かけない専用線を導入していたり、自社独自サーバーが採用されているケースもあります。
その自社サーバーを活用するタイプが、オンプレミスになります。
クラウドのように、ネット接続する事はありません。
逆にクラウドのタイプは、ネット回線に接続してシステムを使用する事になります。
基本的にはIDやパスワードが付与されますから、システムにログインをして、会議のシステムを利用するのが一般的です。
そのオンプレミスとクラウドのどちらを選べば良いか、迷ってしまうケースがあります。

 オンプレミスには、デメリットはあります。
主なデメリットは2つあって、その内の1つは日数です。
オンプレミスのサービスを利用する為には、まずシステムを構築しなければなりません。
自社のサーバーの状況を踏まえて、適切なシステムを作っていく事になりますから、サービス利用開始までは時間かかります。
2つ目は、費用のデメリットです。
自社専用のサーバーに合わせるシステムを構築するのは、やや費用が高くついてしまう傾向があります。
構築する時だけでなく、メンテナンスや人件費も少々高くつく傾向はあります。
ですが自社に専門スタッフが常駐している時は、オンプレミスでも比較的スムーズに導入できるケースもあります。
スキルが高いスタッフが常駐しているなら、かえってクラウドよりも良い事もあります。

 クラウド型の会議システムの場合は、セキュリティーに関するデメリットはあります。
そもそもオンプレミスの強みの1つは、専用線を使用する事です。
外部からアクセスされる事が無い専用線を使用しますから、ハッキングされづらいメリットがあります。
それに対してクラウド型の会議システムは、一般的なネット回線を使用しますから、セキュリティー対策はほぼ必須になります。
会議システムを導入するだけでなく、安全性を高めるシステムも導入しなければなりません。
その代わり、オンプレミスよりは費用を低く抑えられる傾向があります。
しかもオンプレミスと違って、多彩な場所でシステムを利用できます。
web接続できる場所ならどこでも構わないので、例えば休憩室や出先でもシステムを利用できるメリットがあります。
ですから費用を低く抑えたい時は、オンプレミスよりクラウドがおすすめです。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ