よくわかる!Web会議システム


ホーム > Web会議のシステムについて > テレビ会議よりもWeb会議の方が便利な2つの理由

テレビ会議よりもWeb会議の方が便利な2つの理由

 社内ミーティングを行う方法は、複数あります。
法人によっては、テレビ会議というシステムを検討している事もあります。
またWeb会議という手段もあります。
その2つの手段はよく比較されていますが、Webの会議を選んでいる法人は多いです。
まずWebの会議は、いわゆるクラウド型のサービスになります。
申し込みをすればIDやパスワードなどが発行されますから、それでログインすればシステムを使える状態になります。
システムを使う分には、何か特殊な機材などは必要ありません。
パソコンやスマホでも利用できます。
また専用線も不要です。
何か特別な専用線を導入しなくても、一般的なWeb回線でシステムを使えるようになります。
その点は、テレビ会議とは大きく異なります。
テレビ会議ですと、色々な制約があるからです。

 テレビ会議という手段は、場所の制約があります。
どこでも使用できる訳ではありませんから、注意が必要です。
そのテレビのシステムは、所定のテレビが設置された場所に限って使用できます。
設置されていない場所ですと、テレビ会議のシステムは使用できません。
大抵の法人は、ミーティングルームなどに専用テレビを設置しています。
という事は、ミーティングルームに行かなければテレビ会議もできません。
ところがWeb会議というシステムは、特に場所を問わないメリットがあります。
上述のようにクラウドのサービスになりますから、ネット接続できる環境があれば、どの場所でも構わないからです。
何もミーティングルームだけでなく、休憩室でも外出先でも構いません。
場所を問わずに利用できるので、Webの会議を選んでいる法人は多いです。

 それとテレビ会議には、回線に関するデメリットがあります。
テレビ会議を使用したいなら、基本的には専用線を導入しなければなりません。
専用線は、一般的なネット回線とは異なります。
社内独自の回線などを引き込む必要があり、初期費用も高く付いてしまう傾向があります。
それに加えて、テレビ会議は専用テレビを購入しなければなりません。
コストが高くついてしまう訳です。
それに対してWEB会議の場合は、特に専門的な回線を導入する必要はありません。
一般のオフィスが使用しているWEB回線でも、特に問題なくシステムを利用できる訳です。
わざわざ専用線を導入する必要がなければ、初期費用も低く抑える事ができます。
特に面倒な工事も無く、手軽に導入できますから、テレビ会議でなくWeb会議を選んでいる方は多いです。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ