よくわかる!Web会議システム

働き方改革にはWeb会議を取り入れましょう

過重労働が問題となってから、日本全体で働き方改革が推進されています。生産性を高めて残業時間を減らす取り組みや、AIを搭載した設備を導入するなど様々な改善がなされています。その中でも、多くの時間を取られてしまう会議の在り方も見直されています。

会議には長時間の拘束・場所の確保問題・会議のための資料作りに手間がかかるなど様々な問題があり、労働時間の短縮には会議の方法の改善が必用となります。会議の改善にはweb会議システムを利用することが大変有効な手段となります。

ここのサイトでは、販売されている様々のweb会議システムの特徴を紹介していますので、システムのメリット・デメリットを比較検討できます。自社の事情に合わせて欲しい機能が整備されているかなど、最も適したシステムを導入するための参考にしてください。

FRESH VOICE

FRESH VOICEのweb会議システムは、iphoneやipadにも対応していて、セキュリュティーもしっかりしています。最大200拠点を同時接続することが可能で、大規模なweb会議をいつでも実施することができます。

FRESH VOICEのweb会議は、全拠点を同時に画面表示することができ、最大の強みです。しかも難しい操作は一切なく、わずか3クリックでweb会議を開くことができます。システム操作を心配されている方にも安心して利用できます。

サポート体制がしっかりしているところもFRESH VOICEの強みです。サポートデスクが用意されていて機器関連で問題が出た時は、いつでも対応してくれるため安心です。

LiveOn

近年、web会議システムを導入する企業が増加をしています。時間や移動にかかる経費を抑えることができるということもあるので、メリットは大きいです。LiveOnではweb会議システムの導入を手掛けています。

一般的にはテレビやパソコンを使った方法が多いですが、LiveOnではスマホやタブレットにも対応をしているシステムを導入しているので、いつでもどこでも会議に参加をすることができるようにしています。時間も節約できます。

導入をしても操作が複雑であれば使いこなすことができなくなってしまいます。操作も簡単なものを導入できるので安心をして利用をすることができますし、難しいこともありません。

VTVジャパン株式会社

VTVジャパン株式会社の取り組の一つにCSRの推進活動があります。企業が信頼されるためのコンプライアンスの遵守に力を入れています。また、社員が安心して働ける環境作りや人材育成にも積極的な活動をしています。

VTVジャパン株式会社では、最新のweb会議システムを実際に体験することができます。各メーカーのシステムを比較することも可能で、新規で導入したい企業や既存のシステムの入れ替えを考えている企業には最適です。

VTVジャパン株式会社では、VCスペシャリストの方が多数存在しています。20年以上のテレビ会議のノウハウを持っている為、相談や最適なweb会議を提案してくれます。

MeetingPlaza

MeetingPlazaのweb会議システムはクリアな音声に自信があります。サーバーミキシング方式を利用することで、サーバー負荷、ネットワーク負荷を軽減しています。その結果、とても聞きやすい環境でweb会議ができます。

標準装備しているエコー・ノイズキャンセラー技術の音声は、はっきりとまたくっきりと聞こえとても快適です。web会議中は、音声のノイズなどのストレスを全く感じることもなく、会議の内容に集中することができます。

web会議の環境もしっかりしていて、ビデオ機能や資料共有機能、更にはタブレットでも利用可能となっています。また、サポート体制も安心でいつでも遠隔操作により、問題解決してくれます。

Cisco WebEx

Cisco WebExのweb会議システムを利用すれば、双方向が顔を見ながら画面と資料の共有ができます。遠方にいたとしても、顔を合わせるのと同じように会議ができるため、電話での声だけのやり取りよりも生産性を上げられるでしょう。

web会議システムの期間限定体験版が用意されているため、そちらを使えば、実際のミーティングを何度も試すことが可能です。体験期間は14日間もあるので、実際に使いながらビジネスへの有用性をしっかりと試せます。

Cisco WebExのウェブサイトでは、いろいろなハウツービデオが用意されています。会議に参加する方法もあるので、映像を見て、分かりやすくweb会議システム使い方を学べます。

sMeeting

sMeetingでは、本質とは関係ないところで話し合いが滞らないように、音声がクリアなweb会議システムを提供してくれています。Opusコーデックを使っているため、高音質でストレスのないコミュニケーションが行えるでしょう。

web会議システムでは映像や音声を共有できるのは当たり前ですが、こちらのサービスは資料まで共有できるようになっています。もちろん、高いセキュリティなので、大切な資料の情報が漏れるということはありません。

sMeetingに用途や利用環境を伝えれば、ベストなプランを提案してくれます。どれを選べばよいのか分からないのなら、とりあえずでもスタッフに連絡をすれば解決してくれます。

Web会議の音声トラブルとそれを回避する方法

Web会議のシステムを使用しますと、たまにトラブルに遭遇するケースがあります。最も多いトラブルは、音声です。そのシステムでミーティングするなら、基本的には音声でやり取りをする事になります。電話による会議と同じく、相手と口頭で会話をする事になる訳です。ですが、いざそのシステムを利用していますと、相手の会話がよく聞き取れないケースがあります。ハードウェアに関する何らかの問題点がある時などは、音声が入らないケースも多いです。もしくはパソコンの設定が間違っていて、音声が入らないケースもあります。その他にも、音声の途切れのトラブルもあります。話している声は一応聞こえるものの、途切れたような状態になってしまうので、とても聞き取りづらいケースがあります。そのトラブルに遭遇した時は、基本的にはサポートに連絡する事になります。

Web会議のシステムを導入するなら、まずは専門会社に連絡をする事になります。その際に専門会社の担当者によるヒアリングが行われるケースも多いです。そしてシステムをインストールした後も、専門会社の担当者に連絡をする事は可能です。いわゆるサポート窓口に連絡をして、トラブルの詳細を伝達すれば、解決方法を教えてくれます。ただそのサポートの充実度は、専門会社によって異なります。比較的丁寧にサポートしてくれる専門会社もあれば、トラブルの状況を伝えるのが難しい専門会社もあります。遠隔システムが採用されていない専門会社ですと、音声のトラブルを伝えるのが困難な事もあります。会議システムをインストールした後は、音声のトラブルが生じる可能性はゼロではありませんし、サポートの充実度を基準に専門会社を選んでいる方も多いです。

ただWeb会議のトラブルは、そもそも発生しないに越した事はありません。トラブルが発生しなければ、わざわざサポートに連絡する必要も無いからです。ところで多くの会議システムには、無料お試しのサービスがあります。最初の2ヶ月間ぐらいは、無料でサービスを利用できるシステムが多いです。その2ヶ月間の内に、トラブルの状況を確認してみる方法もあります。そもそも会議システムは、ハードウェアとの相性もあります。利用しているパソコンの状況によっては、会議システムの音声の不具合が発生しやすいケースもあります。しかし無料お試しのサービスを活用してみれば、不具合が発生するかどうかを見極める事も可能です。万が一のトラブルが生じるのを避けるためにも、まずは無料お試しを使用してみる方が無難です。

カテゴリー

ページトップへ